緑地集団、17年の純利益は25%増の90.4億元

上海市に本拠を置く中国不動産開発大手の緑地控股集団(緑地集団)がこのほど発表した2017年12月期本決算は、売上高が前期比17.4%増の2,901億7,420万元(約5兆円)、純利益は25.4%増の90億3,780万元だった。2年連続で増収増益となったが、売上高を3,000億元、純利益を160億元と…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 金融建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

西九龍駅周辺の店舗、賃料1割上昇へ(14:34)

予算管理を強化、「成果」とひも付けへ(16:03)

テイクオフ:中秋節の24日、北京の…(09/26)

乗車には早めの行動必要 広深港高鉄ルポ(09/26)

日本含む米以外の市場を開拓 追加関税に対抗、中国政府(09/26)

衣料ユニバーサル、PEが買収 オンライン販売を拡充へ(09/26)

広深港高鉄の年間乗客8千万人へ、広鉄集団(09/26)

中国との取引難しい、米高官「ひどい行為」(09/26)

女性スポーツウエアのLJ、中国に店舗進出(09/26)

香港発の本土団体旅行、4Qに3割増へ(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン