1Q豪CPI1.9%上昇、市場予測下回る

豪政府統計局(ABS)が24日に発表した2018年第1四半期(1~3月)のオーストラリアの消費者物価指数(CPI)の上昇率は、前期比で0.4%、前年同期比で1.9%それぞれ上昇した。オーストラリア連邦準備銀行(RBA)の中期インフレ目標2~3%の下限には届かなかった。

市場ではCPIが前期比0.5%上昇、前年同期比2%上昇と予想されていたが、いずれも下回った。

項目別では、前期比でガス・そのほか家庭用燃料が6%、医薬製品が5.6%、野菜が3.7%、中等教育が3.3%、医療・病院サービスが1.5%上昇し、伸びをけん引した。一方、海外旅行・宿泊施設が2.4%、家具が2.8%、それぞれ低下した。

都市別では、◆シドニー:前期比0.3%、前年同期比2.1%◆メルボルン:0.9%、2.2%◆ブリスベン:0.1%、1.7%◆アデレード:0.4%、2.3%◆パース:0.1%、0.9%◆ホバート:0.7%、2%◆ダーウィン:横ばい、1.1%◆キャンベラ:0.8%、2.4%――とほぼ全都市で上昇した。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は「RBAは中期インフレ目標の中央値への到達に重点を置いており、利上げとなるには、その前にインフレ率がある程度高い状態が続く必要がある。小売価格が依然低迷する中、インフレ率上昇にはさらなる賃金上昇が欠かせず、今後も賃金の動向を注視する必要がある。われわれは2019年5月までRBAが金利を1.5%に据え置くとの見方を維持する」とした。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、自分…(07/16)

豪永住ビザ発給、過去十年最少 虚偽申請への取締り強化などで(07/16)

競争委、企業の不正行為に罰金引き上げ提案(07/16)

積水ハウス、シドニーのアパート建設が承認(07/16)

オフィス空室率、9.4%へ大幅下落(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

5月住宅融資0.5%増、居住用物件が増加(07/16)

デロイト、豪州含めアジア太平洋事業を統合(07/16)

豪郵便局、eBayとネット販売簡便化で協業(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン