ラオスの最賃引き上げ施行へ 製造業に打撃、生産性の向上急務

ラオス政府が20日、5月1日から法定最低賃金を月額110万キープ(約1万4,300円)に引き上げることを首相・副首相会議で合意したと告示した。合意を受け、労働・社会福祉省が細則を定め、近く施行される見通し。上昇幅は前回の改定年である2015年比で22.22%。進出企業にとっては、…

関連国・地域: ラオス
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

健康保険法が成立、低所得層を保護(12/19)

中国と覚書2件、通訳養成校など設立(12/18)

日本法務総研、ラオス司法研と協力覚書(12/17)

トンルン首相、不要な公共投資にメス(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

日本と東南ア5カ国、災害リスク保険で覚書(12/17)

タイとラオスが経済協力の推進などで合意(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン