• 印刷する

韓国通商幹部、スーチー氏・商業相と会談

韓国産業通商資源省の金鉉宗通商交渉本部長は23日、ミャンマーの首都ネピドーで、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相、タン・ミン商業相とそれぞれ会談した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が24日伝えた。

金氏はスー・チー氏との会談で、貿易・投資の拡大、技術・専門知識の共有を含む二国間経済連携の強化や、ミャンマーでの工業団地設立の可能性について意見を交わした。

タン・ミン商業相との会談では、◇貿易・投資に関する協力強化◇韓国企業向け工業団地の設置◇商業省貿易促進局と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)との協力強化◇韓国でのミャンマー政府職員の研修◇ミャンマーの電子政府(eガバメント)データセンター設置に向けた技術支援◇両国が既に調印している貿易投資促進保護協定の実施◇両政府間の経済・貿易関係強化への支援――などについて協議した。


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決へ積極関与=ASEAN外相が一致(01/19)

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン