• 印刷する

アジア開銀、累計支援額が28億ドル超え

アジア開発銀行(ADB)によると、1966年以降にカンボジアに対して実施した支援は累計28億6,000万米ドル(約3,100億円)だった。ADBは過去52年間の実績により、カンボジアの多角的な開発パートナーになっている。クメール・タイムズ(電子版)が同日伝えた。

ADBが2017年9月に発表したカンボジアに関する18~20年の事業計画では、地方の生活向上、道路への投資、地方や国境地帯での気候変動に左右されにくいインフラ開発に焦点を当てている。

向こう3年では、中等教育へのアクセス向上と技能格差の縮小を掲げている。カンボジア政府が取り組む公共財政管理への支援なども優先課題に挙げている。


関連国・地域: カンボジアアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の建材量販店開業 タイ系グローバル、1万点陳列(11/19)

ポル・ポト元幹部に終身刑、大虐殺で(11/19)

下院議会、19年度予算案を可決(11/19)

北部のセサンダム、来月に本格稼働(11/19)

解党から1年、救国党「民主主義奪還を」(11/19)

配車グラブ、企業向け交通費管理事業(11/19)

政府役職に300人超、専門家「予算の無駄」(11/19)

紙おむつの泰昇、19年末までに新ライン5本増設(11/19)

韓国ASEAN首脳会談、文大統領が提案(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン