テイクオフ:上海市楊浦区の上海市肺…

上海市楊浦区の上海市肺科医院内に、百年近い歴史を持つ「葉家花園」なる庭園がある。日本人が設計を手掛けたとされており、事実とすれば日本人が作った中国式庭園という珍しい庭になる。

訪れてみると、築山は確かに中国式だが、庭池に架かる橋や点在するあずまやは西洋風で、中華と西洋の折衷といった趣。病院の敷地内にあるため、寝間着姿の入院患者が多く散策を楽しんでいる。心地よい春風とともに、藤の甘い香りが漂ってきて鼻先をくすぐった。

園内は松などの針葉樹がうっそうと茂り、濃い影を作っていて、ともすれば肌寒いほどだ。夏場の避暑によいかもしれないという考えが頭をよぎったが、上海の夏が木陰程度でどうにかなる代物ではないことをすぐさま思い出した。あの夏がまた来るのかと、春も終わらないうちから夏の心配をして憂鬱(ゆううつ)な気分になった。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

テイクオフ:深センにあるIT大手に…(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

下半期の経済成長に自信 発改委、米中貿易摩擦も対応可能(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン