テイクオフ:上海市楊浦区の上海市肺…

上海市楊浦区の上海市肺科医院内に、百年近い歴史を持つ「葉家花園」なる庭園がある。日本人が設計を手掛けたとされており、事実とすれば日本人が作った中国式庭園という珍しい庭になる。

訪れてみると、築山は確かに中国式だが、庭池に架かる橋や点在するあずまやは西洋風で、中華と西洋の折衷といった趣。病院の敷地内にあるため、寝間着姿の入院患者が多く散策を楽しんでいる。心地よい春風とともに、藤の甘い香りが漂ってきて鼻先をくすぐった。

園内は松などの針葉樹がうっそうと茂り、濃い影を作っていて、ともすれば肌寒いほどだ。夏場の避暑によいかもしれないという考えが頭をよぎったが、上海の夏が木陰程度でどうにかなる代物ではないことをすぐさま思い出した。あの夏がまた来るのかと、春も終わらないうちから夏の心配をして憂鬱(ゆううつ)な気分になった。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(14:10)

「地条鋼」の再稼働防止、21省区市で査察(12:13)

テイクオフ:レストランで清涼飲料水…(05/22)

ブロックチェーンは高成長期 工情省が白書、企業数456社(05/22)

中国カセン、地場アットウッドと資本提携(05/22)

ECの信頼性向上へ、悪質業者の制裁強化(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

1~4月の電力消費、9.3%増の2.1兆kWh(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン