• 印刷する

《日系進出》挙式企画のエスクリ、台北にサロン

挙式や披露宴の企画・運営を手掛けるエスクリは23日、台北市内にアジアで初となる現地法人と直営サロンを設立すると発表した。日本国内のウエディング市場が低迷する中、成長が見込めるアジアからの訪日ウエディング需要を取り込み、ウエディング市場の活性化につなげたい考え。

現地法人の名称は「愛思礼婚礼(エスクリ台湾)」で、台北市大安区に3月16日付で設立した。資本金は1,500万台湾元(約5,480万円)。

直営サロン「ブライトデイウエディング」は、大安区の台北捷運(MRT)忠孝復興駅近くに開設。4月16日付で正式にオープンした。営業面積は約50坪で、日本で研修を受けた日本人と台湾人のスタッフが各1人常駐する。サロンでは、沖縄や北海道、東京など日本国内のほか、インドネシアのバリ島、米ハワイ、グアムでの挙式プランを台湾人向けに提供。エスクリが運営する日本全国30カ所の結婚式場のほか、顧客の要望に合わせて他社の式場でのプランも柔軟に対応する。

エスクリの広報担当者によると、同社は2015年8月から、中国や台湾、韓国などアジアの消費者をターゲットにしたリゾートウエディングのプロモート活動に力を入れており、台湾からの訪日観光客が増加している点に着目したという。「台湾のリゾートには式場がないため、リゾートで挙式したいというニーズに応える。挙式と観光、両方の需要を取り込めるという利点もある」と説明。また、「台湾は高い成長が見込める市場。今後も継続してサロンを増やすなど、台湾市場の開拓も視野に入れている」とコメントした。

■リゾートウエディングの需要が旺盛

沖縄県観光振興課によると、17年に沖縄でウエディング(撮影・レストラン利用含む)を挙げた県外・海外からのカップルは前年比2.1倍の1万7,288組で、このうち海外からは過去最高の2,066組が訪れた。

うち国・地域別では、香港からが1,218組(14.4%増)で最多。以下、台湾からが596組(8.4%増)、中国からが164組(15.5%増)、韓国からが49組(29.0%増)などとなり、アジアからの利用客が軒並み増加している。

直営サロンの「ブライトデイウエディング」=台北(エスクリ提供)

直営サロンの「ブライトデイウエディング」=台北(エスクリ提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:普段慣れ親しんでいる商…(01/21)

エバー愛媛就航で商機をつかめ 中村知事PR、スゴ技企業も訪台(01/21)

鴻海、米工場での人材採用計画先送りへ(01/21)

ラーガン、台中市で新工場用土地・建物取得(01/21)

モバイル通信速度、18年下半期は中華電信が首位(01/21)

台プラ第6ナフサ、新規投資案の環境評価却下(01/21)

第三者装い大同株取得、金管会が中国企業処罰(01/21)

政府系農業投資会社、ホンジュラスに子会社(01/21)

上銀、19年売上高は前年比2桁成長を目標に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン