テイクオフ:広州のランドマークの広…

広州のランドマークの広州タワーは、地元民から「小蛮腰」の愛称で呼ばれている。本来は女性の腰のくびれを意味し、日本語にするなら「柳腰」がぴったりだろう。ろうそくにしか見えなかったデザインも、そう言われてみるとなまめかしい。

タワーを登ると、てっぺん近くには絶景を見下ろす観覧車が設置されている。建物の外縁に敷かれたレールを周回するタイプで、球形の車が連なる様子はさながら真珠のネックレスといったところか。

珠江沿いの東山湖公園からは、池越しに遮るもの一つなく広州タワーを臨むことができる。少し距離があるだけに、近くから見上げる際の迫力は消え、代わりに柔らかなシルエットが印象的だ。白い清楚ないでたちが水と緑によく似合い、あでやかなライトのドレスをまとった夜とはひと味違う、もう一人の小蛮腰に出会った気がした。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地方の価格統制さらに縮小、対象を3割削減(17:52)

周生生、RFID活用で顧客の好み把握(20:56)

後方モニターが人気、カー用品使用度調査(17:52)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

テイクオフ:深センにあるIT大手に…(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン