テイクオフ:世界最大級の開閉式ドー…

世界最大級の開閉式ドームを持つシンガポールの国立競技場「ナショナル・スタジアム」。観客収容人数は5万5,000人で、サッカーやラグビー、陸上競技など多くのスポーツの国際大会に対応できる。

これだけ大型の「箱物」を建設したのはよいが、スポーツ・イベントの動員数は芳しくないようだ。2014年の完成以来、国立競技場が満員になったスポーツ大会は、サッカーの日本対ブラジルの国際親善試合など数えるほど。先月開催されたシンガポール対モルディブのサッカーの国際試合は、観客数が2,500人弱にとどまった。海外の大物アーティストの公演は集客力が高いものの、スポーツでは当地で人気の高いサッカーでもシンガポール代表が参加する大会を中心に客足が鈍いようだ。

大型競技場で観客を魅了する地元選手が現れるのを、多くの人が心待ちにしているのではないだろうか。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4月輸出は3カ月ぶり拡大 12%増、中国向け・非電子が好調(05/18)

訪日シンガポール人、4月は6%増(05/18)

カマルク、米NYで定額家具サービスを開始(05/18)

SBI、金融商品比較サイト運営会社に出資(05/18)

株価小反発、シングテルは0.6%高(05/18)

シングテル通期は増収増益、デジタル事業好調(05/18)

医療向けAIのユーケア、820万Sドル調達(05/18)

SRX、住宅ローンの手続き簡素化サービス(05/18)

EC蝦皮の取引総額、1Qは3倍に拡大(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン