• 印刷する

〔政治スポットライト〕与党支持率、1年半ぶり高水準

調査会社ニュースポールがこのほど実施したオーストラリアの世論調査で、与党保守連合(自由党・国民党)の二党間支持率が49%と、最大野党労働党の51%を下回ったものの、2016年9月以来の高水準となった。今回の調査では、ターンブル首相の実績に対する満足度も大きく改善していることから、5月に予定される予算案発表に向け、党内の安定確保に寄与するとみられる。23日付オーストラリアンが伝えた。

ニュースポールは4月19~22日に有権者2,068人を対象に調査を行った。保守連合は二党間支持率では31回連続で労働党を下回ったものの、政党間支持率では前回調査時の38%を維持し、同じく前回から横ばいの37%となった労働党を上回った。その他の政党間支持率は、◆グリーンズ(緑の党):1ポイント低下の9%◆ワンネーション党:横ばいの7%◆その他:1ポイント上昇の9%――だった。

「好ましい首相」については、ターンブル首相は前回から横ばいの38%で、35%(1ポイント低下)となったショーテン労働党党首を上回った。

ターンブル首相の実績を問う質問では、◆満足:36%(4ポイント上昇)◆満足していない:53%(4ポイント低下)◆どちらでもない:11%(横ばい)――となり、首相の実績に満足感を示す有権者が増えた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多文化国家のオーストラ…(04/26)

豪1~3月期CPIが横ばい 準備銀に利下げ圧力も(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

三菱UFJ、アリウム債権をバンカメに売却(04/26)

最高税率区分に入った納税者、5年で26%増(04/26)

選挙戦1週目、FBではアダニの炭鉱が話題(04/26)

AHG、「競合の買収提示額は過小評価」(04/26)

包装アムコーが米工場売却、買収承認の条件(04/26)

労働党、NAIF貸付の代替政策を公約に(04/26)

豪投資ビザ、中国人向け発給数が60%超減少(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン