豪オフィス用不動産取引、17年は162億$

不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、オーストラリアで2017年に取引されたオフィス用不動産は総額で162億豪ドル(約1兆3,418億円)に上った。同社の調査結果としては過去3番目に多い。このうち半分はシドニーの物件だった。オーストラリアン・フ…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいる時は、公共交…(05/24)

豪NZ、EUとFTA交渉開始 輸出額最大20%拡大へ(05/24)

〔政治スポットライト〕日豪外相会談、印太平洋の安定で一致(05/24)

生体家畜輸出は継続へ、政府内では意見対立(05/24)

豪車販売企、国内初の日本ペイント商品販売(05/24)

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(05/24)

オリジン事業、QLD州電力公社などが応札(05/24)

〔ポッサムのつぶやき〕シドニーの交通渋滞、限界点に?(05/24)

ASIC新委員長、資産管理部門の調査加速(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン