豪オフィス用不動産取引、17年は162億$

不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、オーストラリアで2017年に取引されたオフィス用不動産は総額で162億豪ドル(約1兆3,418億円)に上った。同社の調査結果としては過去3番目に多い。このうち半分はシドニーの物件だった。オーストラリアン・フ…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

資源業の技術者不足が深刻に、学生数が急減(16:49)

豪7月の企業景況感、17年5月ぶりの低水準(16:49)

ダイビル、2億4千万$でシドニービル取得(16:49)

テイクオフ:ワイシャツを近所のクリ…(08/14)

NTT、シドニーにイノベ拠点 最大200人分の雇用創出(08/14)

ブルースコープ、国内好調で13年来最高益(08/14)

資源BHPとリオ、傘下事業のIPO検討か(08/14)

QLD輸送の継続命令、オーリゾンに仮処分(08/14)

FW委、カジュアル雇用の常勤化拒否を制限(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン