TSMCの7ナノ、今年の成長エンジンに

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界大手、台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家・共同執行長は19日の業績説明会で、既に7ナノメートル製造プロセスによる量産を始めており、下半期(7~12月)以降に生産量を大幅に引き上げる考えを示した。売上高に占める7ナノの割合は…

関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

4月の失業率3.64%、同月過去2番目の低水準(14:13)

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

日亜化学、特許侵害でASUS日本を提訴(05/23)

国巨が米通信機器パルスを7.4億ドルで買収(05/23)

広達、グーグル向けARディスプレイ開発か(05/23)

メモリーモジュール宜鼎、宜蘭にR&Dセンター(05/23)

鴻海系の富智康、ノキアブランドHMD株取得(05/23)

配線材料大手の華偉、タイ・ラヨーン県に新工場(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン