• 印刷する

バガンの地震損壊パゴダ修復、80%が完了

ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局は、2年前の地震で損壊した中部の遺跡都市バガンで進められているパゴダ(仏塔)の修復作業の約8割が完了したと明らかにした。イラワジ(電子版)が19日伝えた。

同局バガン支部によると、2016年8月の地震で損壊した389塔のうち、302塔で修復を終えた。28塔は作業中で、59塔は手つかずとなっている。バガンには3,252のパゴダがある。

アウン・アウン・チョー支部長は、「修復を進めるだけでなく、パゴダの強度をより高めるといった作業にも着手していく」と述べた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)も遺跡の修復に関するガイドラインを提供するなど支援しており、2020年ごろをめどに修復が完了する見通しだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(12/15)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

米ビザ、金融知識サイトのビルマ語版を開設(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン