• 印刷する

バガンの地震損壊パゴダ修復、80%が完了

ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局は、2年前の地震で損壊した中部の遺跡都市バガンで進められているパゴダ(仏塔)の修復作業の約8割が完了したと明らかにした。イラワジ(電子版)が19日伝えた。

同局バガン支部によると、2016年8月の地震で損壊した389塔のうち、302塔で修復を終えた。28塔は作業中で、59塔は手つかずとなっている。バガンには3,252のパゴダがある。

アウン・アウン・チョー支部長は、「修復を進めるだけでなく、パゴダの強度をより高めるといった作業にも着手していく」と述べた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)も遺跡の修復に関するガイドラインを提供するなど支援しており、2020年ごろをめどに修復が完了する見通しだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

再生可能エネ導入促進へ法案 電化率引き上げへ開発後押し(09/26)

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

スターバックス、ミャンマー出店を棚上げ(09/26)

ヨマ、キャタピラー重機を販売・レンタル(09/26)

8月末の消費者物価指数、8.18%上昇(09/26)

ミャンマー民主化の支援を、河野氏(09/26)

鉄道のヤンゴン―マンダレー線が復旧(09/26)

モバイル納税システム、18社が応札の意向(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

通信MIH、ブロードバンドサービスを開始(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン