• 印刷する

バガンの地震損壊パゴダ修復、80%が完了

ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局は、2年前の地震で損壊した中部の遺跡都市バガンで進められているパゴダ(仏塔)の修復作業の約8割が完了したと明らかにした。イラワジ(電子版)が19日伝えた。

同局バガン支部によると、2016年8月の地震で損壊した389塔のうち、302塔で修復を終えた。28塔は作業中で、59塔は手つかずとなっている。バガンには3,252のパゴダがある。

アウン・アウン・チョー支部長は、「修復を進めるだけでなく、パゴダの強度をより高めるといった作業にも着手していく」と述べた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)も遺跡の修復に関するガイドラインを提供するなど支援しており、2020年ごろをめどに修復が完了する見通しだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国家顧問が一帯一路会議へ 中国側、会談で10億元融資表明(04/26)

ヤンゴン管区が投資誘致会議、来月10日から(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

19年度の成長率6.5%で据え置き、世銀(04/26)

ロイター記者の釈放要求、米国務省「深い懸念」(04/26)

ロイター記者の家族、大統領に恩赦請願へ(04/26)

ヤンゴンバス電子決済稼働、来年にずれ込み(04/26)

初の動物検疫所開設、中国国境のシャン州に(04/26)

コメ処分問題、政府がシンガ商社を聴取へ(04/26)

違法伐採木材3万トン押収、3月までの半年(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン