バガンの地震損壊パゴダ修復、80%が完了

ミャンマー宗教・文科省の考古学・国立博物館・図書館局は、2年前の地震で損壊した中部の遺跡都市バガンで進められているパゴダ(仏塔)の修復作業の約8割が完了したと明らかにした。イラワジ(電子版)が19日伝えた。

同局バガン支部によると、2016年8月の地震で損壊した389塔のうち、302塔で修復を終えた。28塔は作業中で、59塔は手つかずとなっている。バガンには3,252のパゴダがある。

アウン・アウン・チョー支部長は、「修復を進めるだけでなく、パゴダの強度をより高めるといった作業にも着手していく」と述べた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)も遺跡の修復に関するガイドラインを提供するなど支援しており、2020年ごろをめどに修復が完了する見通しだ。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

計画・財務相の辞任を承認、後任人選へ(05/26)

蒸留酒大手ペルノ・リカール、緬市場に参入(05/26)

天然ガス供給拡大で外資誘致促進、政府(05/26)

汚職委、計画・財務相を聴取 報告書を近く大統領に提出(05/25)

〔寄り道〕ヤンゴンのシンボル、シュエダゴン…(05/25)

マンゴー「セインタロン」輸出、毎日10トン(05/25)

財政赤字補てん、中銀から520億円借り入れ(05/25)

パアン工業団地、投機目的の買占で開発遅延(05/25)

都市・住宅開発局、4大事業の推進に注力(05/25)

国内歳入局、申告納税制度を近く導入(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン