【この人に聞く】2%未満の下水道整備支援 完成には時間、方向性は正しい

インドネシアでインフラの整備が課題となっている。道路や空港などの物流インフラに比べ、下水道やし尿処理施設などの社会インフラの普及は立ち遅れているのが現状で、地方のみならず首都圏でもまだ普及率が2%未満だという。国際協力機構(JICA)専門家で下水管理アドバイザ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「2018年の新作、ク…(10/23)

スズキ、22年に輸出840億円 四輪・二輪ともに国内の体制強化(10/23)

来年の首都最低賃金、州労働局8%増に準拠(10/23)

日系出資発電所に官民で13億ドルの協調融資(10/23)

日本政府、MRT工事で700億円供与へ(10/23)

首都、MRT事業に22億円の補助金を計上へ(10/23)

ユーロカーズ、26日にサービス施設を正式開所(10/23)

BNI、汚職事件のメイカルタへの融資停止(10/23)

インフラ6案件に非政府予算で30億ドル調達(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン