【この人に聞く】2%未満の下水道整備支援 完成には時間、方向性は正しい

インドネシアでインフラの整備が課題となっている。道路や空港などの物流インフラに比べ、下水道やし尿処理施設などの社会インフラの普及は立ち遅れているのが現状で、地方のみならず首都圏でもまだ普及率が2%未満だという。国際協力機構(JICA)専門家で下水管理アドバイザ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

ゴジェックのQRコード決済、給油所に導入(14:55)

テイクオフ:動画の人気が根強いイン…(05/22)

日系3社などと近く契約 パティンバン港、7月着工(05/22)

オンライン許認可制度、運用はさらに延期(05/22)

金利引き上げで優遇策必要、商工会議所(05/22)

ディーゼル燃料補助金に外貨準備の使用検討(05/22)

レバラン控え、レンタカー事業が好調(05/22)

グラブ、安全管理システムを改善(05/22)

国営航空整備子会社、1~3月は増収減益(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン