【この人に聞く】2%未満の下水道整備支援 完成には時間、方向性は正しい

インドネシアでインフラの整備が課題となっている。道路や空港などの物流インフラに比べ、下水道やし尿処理施設などの社会インフラの普及は立ち遅れているのが現状で、地方のみならず首都圏でもまだ普及率が2%未満だという。国際協力機構(JICA)専門家で下水管理アドバイザ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本以外の多くの国と同…(01/21)

大統領選第1回討論会で舌戦 ジョコウィ陣営冷静対応で優勢に(01/21)

マカッサル工業団地、1000ha規模の拡張へ(01/21)

ジャワ島横断高速、きょうから新料金体系(01/21)

Meiji、そう痒症改善剤のライセンス契約(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

米の特恵関税制度、当面は維持に=貿易相(01/21)

ゴジェック、比電子決済買収で同国進出か(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン