東莞市、年内に高汚染企業の半数閉鎖へ

広東省東莞市政府は18日、大気汚染防止に向けて具体的な対策を盛り込んだ「東莞市青空防衛戦行動方案」を発表した。汚染度が高く、汚染物質の排出量が多い企業の50%を年内に閉鎖することなどが柱だ。19日付南方日報が伝えた。 方案はまた、来年6月までに大気汚染の原因となる「…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国系が不動産開発を加速 太子地産集団、20億ドル投資(09/19)

テイクオフ:マンションのポストに、…(09/19)

三菱電など中国から日本へ生産移管、米関税回避(09/19)

EV設備、売り込みに熱気 再エネ展示会に日系10社出展(09/19)

輸出指数が過去最大の下げ幅 米中貿易摩擦で先行き不安強まる(09/19)

米が対中追加関税第3弾 24日発動、2000億ドル分対象(09/19)

今年の輸出見通し、半減の3%成長に修正(09/19)

日本企業、影響精査急ぐ=第3弾関税(09/19)

達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ(09/19)

現地生産高級車市場、8月はA6Lが首位(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン