• 印刷する

高速鉄道インフラ会社の入札、締切6カ月延長

シンガポール―マレーシア・クアラルンプール間の高速鉄道(HSR)事業をマレーシアで主管する政府系企業MyHSRとシンガポール陸上交通庁(LTA)傘下のSG HSRは19日、「アセット・コー(Asset.co)」と呼ばれるインフラ管理会社の国際入札の締め切りを12月28日まで6カ月延長すると発表した。

MyHSRとSG HSRは2017年12月、アセット・コーの入札を開始すると発表。応募締め切りを今年6月29日としていたが、事業者からの要望を受けて期限を延長する。今回の変更を受け、落札者の発表も当初予定していた今年末ごろから19年7~9月期にまでずれ込むという。

HSRの開通は26年12月31日を予定しているが、今回の入札期限延長に伴う開業時期への影響はないとしている。

アセット・コーは車両の設計、製造、維持、管理と、線路や信号、通信システムなどの資産の設計、建設、運用、管理を担う。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールのチャンギ…(01/23)

19年の日系予想昇給率は3.2% NNA調査、優秀人材確保が課題(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

法務省、著作権法改正の報告書公表(01/23)

人的資源の競争力、6年連続で世界2位(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

ウィルグループ、地場人材紹介CCGを買収(01/23)

ICMG、地場の人事AI新興企業と提携(01/23)

ICMGや東電の出資先と新会社、地場WE(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン