• 印刷する

NTNのEV用駆動技術、一汽系が採用

ベアリング(軸受け)大手のNTNは19日、同社が開発した電気自動車(EV)用のインホイールモーター(IWM)駆動システムの技術が、中国第一汽車集団(一汽集団)系のエコカーメーカーである長春富晟汽車創新技術(吉林省長春市、FSAT)に採用されることが決まったと発表した。

FSATは、2019年に量産開始を見込んでいる自社の乗用車タイプのEVにNTNの技術を採用する。2社は、FSATがIWM駆動システムを生産する際にNTNが技術支援を行うことで合意し、ライセンス契約を締結した。

EVの駆動方式は現在、エンジンルームに大型の電動モーターを搭載する形が主流となっている。一方、IWM方式はホイールの中にモーターを組み込むタイプで、NTNによると、乗用車タイプのEVにIWM方式が採用されるのは世界初となる。

FSATは17年10月の設立で、一汽集団系の自動車部品メーカーである長春一汽富晟集団が出資。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製のボディーとアルミ鋳造製のシャシーを採用した軽量タイプのEVの開発に取り組んでいる。量産1車種目は前輪駆動タイプの乗用車型EVで、前輪の両側に1基ずつ、計2基のIWMを搭載する予定。FSATは23年にエコカーを30万台量産する計画を掲げている。

NTNとFSATは25日に開幕する北京モーターショーに共同出展し、IWM駆動システムと同システムを搭載したEVを展示する。

NTNが開発したEV用インホイールモーター駆動システムのイメージ図(同社提供)

NTNが開発したEV用インホイールモーター駆動システムのイメージ図(同社提供)


関連国・地域: 中国-吉林日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、15カ月連続で中国が首位(17:38)

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン