新日鉄、地場車部品の合弁株を追加取得へ

新日鉄住金が、インドの自動車部品大手アムテック・オートと住友商事の3社で運営する合弁会社の株式を50%追加取得することが19日までに分かった。アムテックは同合弁会社の経営から手を引く。

アムテックが18日に出した声明によると、合弁会社SMIアムテック・クランクシャフトの株式50%を新日鉄に売却する。新日鉄の出資比率は40%から90%に上昇する。残りは住友商事が10%を保有する。当局の承認を経て、手続きが完了する見通し。

SMIアムテックは、北部ハリヤナ州ダルヘラの工場で乗用車向けの鍛造クランクシャフトを製造している。年産能力は220万本。国際自動車工業連合会(OICA)によると、インドの2017年における乗用車の生産台数は前年比6.6%増の395万2,550台となり、前年の6位から4位に浮上した。今後も市場の伸びが期待されていることから、新日鉄は株式を追加取得することで、インド事業を強化する考えだ。

アムテックは巨額の負債を抱えており、現在は破産倒産法に基づき、国家会社法法廷(NCLT)の下で再建手続きを進めている。同社の債権団が株式売却を承認したことから、既存株主の新日鉄に譲渡することを決めた。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリー周辺はこの…(05/22)

航空会社は「価格より質」 ネット調査、1位はビスタラ(05/22)

NTTデータ、地場と3D地図作成で合意(05/22)

国営通信、サービス向上に19億ルピー投資(05/22)

住商、特殊鋼ムカンド子会社に200億円出資(05/22)

鉄鋼JSW、イタリアの同業買収(05/22)

電動二輪アザー、南部に60カ所の充電施設(05/22)

複合アダニ、電動バスの生産を計画(05/22)

二輪UMロヒア、ハイデラバードに新工場(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン