• 印刷する

テイクオフ:常夏の国シンガポールで…

常夏の国シンガポールでは、Tシャツを着ている人を多く見掛ける。

気軽に着用できて汗も吸収しやすく実用的。デザインも豊富だ。街中では前を歩く人のTシャツの背中の柄が気になって見入ってしまう。目撃頻度が高いのは、観光地の名前入りやマラソン大会参加記念のTシャツだ。「アイラブ・タイランド」などのロゴが入った観光土産のシャツは、男性の着用率が高い気がする。マラソン大会の支給品は、絵柄に書かれた開催年から「この人はマラソン歴が長いのか」などと想像を巡らせる。このほか若者を中心に人気なのが、日本語がプリントされたTシャツ。意味不明な言葉があしらわれた「おもしろシャツ」が視界に入ると、つい吹き出しそうになる。

どのTシャツも日本では着用するのが少し恥ずかしい気がするが、正々堂々と着こなす当地の人を見ると、かえってすがすがしさを感じる。(雪)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

アジア企業景況感、1~3月期も低迷(03/22)

アジアのインフラ開発で米国と協力推進(03/22)

中国経済減速の影響大、ムーディーズ調査(03/22)

雲南料理店、ジュエルチャンギに海外1号店(03/22)

オネストビー、一部地域向けに1時間で配達(03/22)

越の配車アプリ「ファストゴー」、来月進出(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン