• 印刷する

1~3月の訪日ベトナム人、16%増の8.6万人

日本政府観光局(JNTO)が18日発表した訪日外国人旅行者の統計によると、2018年1~3月に日本を訪れたベトナム人は前年同期比16.3%増の8万6,300人(推計値)だった。

1~3月の訪日旅行者を国・地域別にみると、韓国が前年同期比24.4%増の213万1,300人で首位となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国では、タイが11.5%増の28万800人で最多。以下、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インドネシア、シンガポールの順で続いた。訪日外国人総数は16.5%増の761万8,600人だった。

■春の魅力訴求で3月は過去最高

3月単月の訪日ベトナム人は、前年同月比15.1%増の3万5,200人で、3月として過去最高を記録した。

JNTOは、「チャーター便の就航や桜鑑賞を目的としたツアーの販売強化に加え、1月から実施している春の魅力の訴求を目的とした訪日旅行プロモーションも訪日意欲を喚起した」と分析している。

同月の訪日外国人総数は18.2%増の260万7,900人。前年同月を40万人余り上回り、3月として過去最高を記録した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バリアブンタウ省へ投資拡大 地方からの経済発展、日本が支援(06/27)

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ(06/27)

バンブー航空、航空スタッフ養成学校を創設(06/27)

ペトロベトナム、フン副社長が新社長に(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

ティエンフォンプラ、890億ドン無償増資(06/27)

国産偽造のアサンゾ、商工省が査察へ(06/27)

荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン