マイヤー、賃貸再交渉に大物管財人を指名

オーストラリアの百貨店大手マイヤーが、破綻管理会社コーダメンサのパートナー、マーク・コーダ氏を賃貸主との契約再交渉のアドバイザーとして指名したことが分かった。同社は近く、賃貸借契約料の引き下げを求め不動産保有者らと協議を行う。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集合住宅の管理組合から…(07/16)

豪資源業界の給与、大幅上昇 全産業比較で5位内に(07/16)

BHP、一般炭事業の放出検討中?(07/16)

リオ、豪リチウム企イオニア買収計画か(07/16)

豪LNG価格交渉、値下げ要求で強硬手段も(07/16)

豪経済、刺激要因多く効果発揮近い=デロイト(07/16)

金融苦情局に非協力の金融業者、免許剥奪も(07/16)

EUとの貿易交渉、貿易相「サービス分野も」(07/16)

豪金融機関11社、価値のない信用保険を販売(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン