OLA、EV1万台を地方で導入へ

ソフトバンクが出資するインドの配車サービス「オラ(OLA)」は16日、向こう12カ月で電動化した三輪車を1万台導入することを発表した。現在は複数の州政府やメーカーなどと協議している。 オートリキシャ(三輪タクシー)などで電動車両を導入する。オラは2017年5月、西部マ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車商業・サービス運輸・倉庫社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

西部ディウ、国内初の再エネ100%都市に(19:11)

シネコンPVR、本年度は35億ルピー投資(20:46)

航空局と鉄鋼公社、滑走路活用で覚書(19:12)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

テイクオフ:「45ルピー(約73円…(04/24)

新興サン、EV向け新事業 電池交換型ソリューションを展開(04/24)

TMT自動車、タタの3S代理店開業(04/24)

エグジコム、EESLからEV充電設備受注(04/24)

タタ「ティアゴ」販売好調、小型車で2位に(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン