AD課税延長か、日本産電解コンデンサー紙

中国商務省は17日、日本から輸入される電解コンデンサー紙ついて、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置の期限切れに伴う見直し調査(サンセットレビュー)を行うと発表した。AD措置を継続するかどうかを判断する。

調査は18日から開始し、期間は来年4月17日までの1年間を予定している。調査期間中は引き続きAD関税を課す。関税番号48059110に属する該当品目が対象。現行のAD関税率は15~40.83%となっている。

中国は2007年4月から同措置を開始し、13年4月に5年間の延長を決定した。今月17日に2度目の期限を迎えるのを前に今年1月、国内大手の浙江凱恩特種材料が業界を代表し、商務省に再度の課税延長を検討する見直し調査を実施するよう申請していた。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

テイクオフ:深センにあるIT大手に…(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

下半期の経済成長に自信 発改委、米中貿易摩擦も対応可能(07/18)

中国製ウエハーの輸入解禁、国貿部が保留(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン