中鋼の風力タービン用鋼板工場、高雄で着工

鉄鋼台湾最大手の中国鋼鉄(中鋼、CSS)の子会社で洋上風力発電用風力タービンの基礎向けの鋼板を手掛ける興達海洋基礎は15日、高雄市の漁港である興達港内の産業団地「高雄海洋科技産業専区」で工場を着工した。2019年末の完成を見込む。同工場ではジャケット式と呼ばれる4…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾式の中国語注音符号…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

【肖像】体験型ツアーでアジア制覇 「KKday」の陳明明CEO(04/24)

TSMC、太陽電池の茂迪株9700株売却(04/24)

京元電が苗栗第3工場着工、20年1Qにも稼働(04/24)

旅行会社が沖縄ツアー中止、はしか流行で(04/24)

EMS6社の営所税624億元に、税率引き上げで(04/24)

元太、独企業と試験用新薬の無線通信ラベル開発(04/24)

包装資材の宏全、19年にコスタリカで工場建設(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン