• 印刷する

17年の上場企業の役員報酬、中信金がトップ

台湾株式市場の集中市場である台湾証券交易所(証交所、TWSE)がまとめた2017年の上場企業の董事(取締役)1人当たりの年間報酬を比較したところ、金融持ち株大手の中国信託金融控股(CTBCフィナンシャル・ホールディング、中信金)がトップだった。同社の平均年間報酬は6,692万6,000台湾元(約2億4,400万円)で、上場企業では唯一、5,000万元の大台を超えた。16日付中央通信社が伝えた。

2位はファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)で、平均年間報酬は4,497万5,000元。3位以下は、◇コンビニエンスストア台湾最大手「セブン―イレブン」を運営する統一超商(プレジデント・チェーンストア)◇食品台湾大手の統一企業(ユニプレジデント)◇光学デバイス大手の大立光電(ラーガン・プレシジョン)――といずれも業績が好調だった企業がランクイン。統一グループ2社が上位5位に入った。

■赤字企業も役員報酬を支給

赤字だった企業の平均役員報酬を見ると、17年に1億5,200万元の最終赤字を計上した作物保護剤大手の龍燈環球農業科技の役員1人当たり年間報酬は519万3,000元。また、17年の純損益が169億600万元に上ったスマートフォン大手の宏達国際電子(HTC)は、各董事に482万5,800元が支払われた。同社は、「役員報酬は業績と関係なく固定で支給するもの」と説明した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:24日午前の台北発高雄…(11/22)

貿易摩擦激化で生産移管も 在中日系企業など、6割超が懸念(11/22)

工研院のドローンパトロール、米誌から受賞(11/22)

中国は内需向け、ASEANは外需向けに 池部亮・専修大准教授(11/22)

佳世達と成功大、スマートキャンパスで覚書(11/22)

中国の工場はそう簡単には移転できない 蔡冠深・香港中華総商会会長(11/22)

業界1社目、亜太電信が5G試験免許取得(11/22)

HTC、年内から19年1Qにかけて新商品投入(11/22)

中油の第5ナフサ跡地、新材料研究開発区に(11/22)

南僑がタイ工場で米菓生産、19年4Q稼働(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン