滴滴、自転車シェアに5億米ドル投資か

中国最大の配車アプリ「滴滴出行」を運営する北京小桔科技(滴滴)は、「青桔単車」のブランド名で新たに立ち上げた自転車シェアリング事業を強化するもようだ。年内に5億米ドル(約537億6,000万円)を投じるとの情報が出ている。16日付北京商報が伝えた。 滴滴は自転車シェア事…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「春運」の鉄道切符、23日に販売開始(17:07)

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

テイクオフ:日本からの視察が引きも…(12/19)

【改革開放40年】(4)創新と創業 勃興する新産業、発信の時代へ(12/19)

改革開放「とことんまで」、40周年で習氏(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

自動車産業投資で新規定、EVも管理を強化(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

ベンツが米産モデル値下げ、来年3月末まで(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン