• 印刷する

テイクオフ:「日本でずっと暮らして…

「日本でずっと暮らしていく自信がない」。来年に結婚を控える韓国人の友人から最近、こんな悩みを打ち明けられた。お相手は韓国語ができず、韓国との関わりもない普通の日本人。結婚すれば生涯日本暮らしとなることが心配なのだそうだ。

ポイントは、友人は日本語を話せるものの、特に日本が好きで日本に渡ったわけではないということ。韓国国内で就職ができず、海外で職を探していたところ日本企業に採用され、海を渡った。そして、結婚相手の男性と出会ったわけだ。海外で就職することになれば数年は海外住まいとなり、現地の人と結婚するケースもあるだろう。

極度の就職難で、海外に足を向ける若者が増える韓国。海の向こうに就職を求める若者は、果たしてそこまで考えているだろうか。友人の相談を聞きながら、改めて他国で暮らす意味を考えさせられた。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン