全国のPM2.5濃度、3月は2.1%上昇

中国生態環境省が13日発表した3月の大気汚染状況測定結果によると、地級市以上の全国338都市を対象とした微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は、前年同月を2.1%上回る48マイクログラムだった。うち大気汚染が特に深刻な京津冀地域(北京市、天津市、河北省)13都市は27.0%上昇の80マイクログラムとなった。

全国の粒子状物質「PM10」濃度は5.0%上昇の84マイクログラム。同省の測定基準で大気が「優良」となった日数が全体に占める割合は81.4%で、前年同月を3.7ポイント下回った。

地域別の優良日数の割合は、京津冀地域13都市が50.5%、長江デルタ地域25都市が81.4%、珠江デルタ地域9都市が89.2%だった。京津冀地域は15.8ポイント、長江デルタ地域は4.5ポイント、珠江デルタ地域は5.8ポイントそれぞれ低下した。

主要74都市で大気汚染が深刻だったワースト3位は、下から河北省唐山市、河北省石家荘市、陝西省西安市。大気状況が比較的良好だった都市のベスト3位は、上から海南省海口市、チベット自治区ラサ市、浙江省舟山市となった。

全国338都市の1~3月の大気汚染状況は、PM2.5の平均濃度が前年同期比9.7%低下の56マイクログラム、PM10濃度は5.3%低下の90マイクログラムだった。優良日数の割合は75.5%で、前年同期を3.0ポイント上回った。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

テイクオフ:上海市楊浦区の上海市肺…(04/25)

中国消費取り込むタイ産果物 旅行者に需要、ECで販路拡大も(04/25)

【パキスタン】存在感高める中国 第2回 過剰債務に懸念、日本不在響く(04/25)

HKEXが新上場ルール導入 バイオ企業9社がIPO意向(04/25)

米の制裁は客観事実を無視 知財局が批判、外資保護強調(04/25)

TPK、欧菲光との相互出資計画を撤回(04/25)

ザイカバー、複合開発で中国企業と提携(04/25)

家電アクア、香り機能付きエアコン投入(04/25)

香港ドル、今後1カ月は下限届かず=DBS(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン