内モンゴルと広西に国境観光試験区、全国初

中国国務院(中央政府)はこのほど、ロシアと接する内モンゴル自治区満州里市とベトナムと接する広西チワン族自治区防城港市にそれぞれ、全国初の「国境観光試験区」を設立することを認めた。国境観光市場の拡大に向けた政策を推進する。新華社電が13日伝えた。

満州里国境観光試験区では、産業の拡大に向けた開放政策を推進。防城港国境観光試験区では、通関の利便化に向けた取り組みや新観光ルートの模索を進める。両試験区での成果は今後、全国の国境地域へと広げる方針だ。

文化観光省によると、中国の陸上にある国境の総延長は2万2,000キロメートル余りで、ロシアやベトナムなど14カ国と接している。国境観光市場は一定の成長が見られるものの、一部地域では旅行者の滞在時間が短く、消費を十分に喚起できていないといった問題に直面しているという。


関連国・地域: 中国-全国ベトナムロシア
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

ザイカバー、複合開発で中国企業と提携(18:41)

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(19:14)

グローブ、中国皮切りに海外でスマホ決済(19:13)

遼寧省のGDP、1Qは5.1%成長に拡大(21:11)

ストゥンハブに重工業団地 中国企業、南部で影響力拡大(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

イオン、アセアンに8百億円 モールなどに投資=18年度計画(04/24)

中小景況感がさらに改善 2Q調査、域外に積極展開の動き(04/24)

テイクオフ:広州のランドマークの広…(04/24)

【アジアの本棚】『China 2020』~20年前の世界が予測していた中国(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン