金融庁、フィンテック規制に柔軟性

インドネシア金融監督庁(OJK)は、6月に公布予定のフィンテック(ITを活用した金融サービス)産業向けの規制について、従来よりも柔軟な姿勢を取り入れる方針だ。柔軟性をもたせ、詳細部分についてはフィンテック産業の自主性に委ねることが、ひいては消費者保護につながる…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都の公共交通利用促進、駐車場削減が必要(12:57)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(16:54)

商議所、18年の建設事業規模は451兆ルピア(16:40)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:「赤色のシャツ、ブラウ…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

ボルトのメイラ本格生産開始 海外3拠点目、足元固め輸出視野(07/19)

独BMW、組み立てライン刷新に200億ルピア(07/19)

ヒューマンHD、海外初の保育園を開設(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン