金融庁、フィンテック規制に柔軟性

インドネシア金融監督庁(OJK)は、6月に公布予定のフィンテック(ITを活用した金融サービス)産業向けの規制について、従来よりも柔軟な姿勢を取り入れる方針だ。柔軟性をもたせ、詳細部分についてはフィンテック産業の自主性に委ねることが、ひいては消費者保護につながる…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

ガルーダ航空、ロンドン直行便の運休を検討(15:23)

テイクオフ:インドネシアの金融市場…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

【地場・外資特集】ネット保険先駆者の挑戦 6年目は加入者2倍以上へ(04/25)

家電アクア、香り機能付きエアコン投入(04/25)

為替参照1万3900ルピア、2年半ぶり最安値(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

中小企業向けの新たな税制優遇策導入を検討(04/25)

外国人雇用の大統領令、前大統領も反対の声(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン