司会者が不満で降板、軍政のTV番組

タイ軍事政権の国家平和秩序評議会(NCPO)が運営するテレビ番組の司会者、パワラン氏(28)が14日、降板を発表した。番組の作り方に不満なことが理由。16日付ネーションが報じた。

問題となっているテレビ番組は、15分の「タイランド・ムーブス・フォワード・ティーンエージ・エディション」で、2月から毎週1回放映されている。同番組はNCPOが全テレビチャンネルで毎晩放送している30分の「タイランド・ムーブス・フォワード」を若者向けに編集したもの。衣装や台本などが今の若者の感覚に合わないとの指摘が出ていた。

パワラン氏はフェイスブックで、「司会の仕事は好きなので、中途半端な気持ちで続けたくない」と、降板の理由を説明した。ギャラが2,910バーツ(約1万円)と少額だったことが理由との臆測は否定した。

サンスン政府報道官は「NCPOは番組についての指針を示すだけで、制作に関与はしていない」として、パワラン氏の降板はNCPOと無関係だと主張した。


関連国・地域: タイ
関連業種: マスコミ・出版・広告政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの高架鉄道(BTS…(04/25)

中国消費取り込むタイ産果物 旅行者に需要、ECで販路拡大も(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

日タイ間のJCM、初クレジットを発行(04/25)

TOTO、タイでウォシュレット生産へ(04/25)

アウディ、認定中古車の販売開始(04/25)

福島の農産物輸出過去最高、震災前を更新(04/25)

宇宙開発機構とエアバス、観測衛星で提携へ(04/25)

タイ80カ所で就労許可証発行、6月まで稼働(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン