ユーロモニター、香港に子会社設立

英調査会社ユーロモニターインターナショナルは、香港に子会社を設立する。中国が掲げる現代版シルクロード構想「一帯一路」の実現に伴う香港の成長を見込み、顧客支援の体制を強化する狙い。

香港子会社はユーロモニターにとって世界14カ所目の事務所。現地でアナリストを採用し、香港市場の研究能力を高める。香港は電子商取引(EC)とフィンテック(ITを融合した金融サービス)の分野で潜在力を秘め、一帯一路の恩恵を受けるとみており、現地で顧客のサポートに当たる。

香港子会社のゼネラルマネジャーを務めるアギルソン・バレ氏は「香港の拠点を活用して現地でのネットワークを強化する」とコメントした。

ユーロモニターインターナショナルは来月17日に香港で子会社設立の記者会見を開く。一帯一路が経済に与える2030年までの影響についても発表する。


関連国・地域: 中国香港欧州
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

貿易金融プラットフォーム、8月に運用開始(07/18)

歌礼が来月上場、バイオベンチャー第1号(07/18)

香港物流大手がインドに進出、3都市に倉庫(07/18)

反落、石油・消費銘柄が軟調=香港株式(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン