ユーロモニター、香港に子会社設立

英調査会社ユーロモニターインターナショナルは、香港に子会社を設立する。中国が掲げる現代版シルクロード構想「一帯一路」の実現に伴う香港の成長を見込み、顧客支援の体制を強化する狙い。

香港子会社はユーロモニターにとって世界14カ所目の事務所。現地でアナリストを採用し、香港市場の研究能力を高める。香港は電子商取引(EC)とフィンテック(ITを融合した金融サービス)の分野で潜在力を秘め、一帯一路の恩恵を受けるとみており、現地で顧客のサポートに当たる。

香港子会社のゼネラルマネジャーを務めるアギルソン・バレ氏は「香港の拠点を活用して現地でのネットワークを強化する」とコメントした。

ユーロモニターインターナショナルは来月17日に香港で子会社設立の記者会見を開く。一帯一路が経済に与える2030年までの影響についても発表する。


関連国・地域: 中国香港欧州
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(19:14)

広告VGI、物流ケリーに23%出資を計画(19:30)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

中小景況感がさらに改善 2Q調査、域外に積極展開の動き(04/24)

3月のCPI上昇率2.6%、0.5P縮小(04/24)

日清とカゴメ、野菜飲料の販売合弁(04/24)

旅行会社が沖縄ツアー中止、はしか流行で(04/24)

メーデーの本土団体ツアー、1日300団体(04/24)

マカオの3月旅行者9%増、2カ月プラスに(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン