137カ所に経済区計画、製造業向けが大半

フィリピン経済区庁(PEZA)は、国内137カ所に新たな経済区を設置する計画だ。総面積は約7万500ヘクタールに達する見込み。16日付マニラブレティンなどが伝えた。 PEZAによると、新設予定の経済区は、輸出型製造業向けが74カ所(面積3万9,940ヘクタール)、農業関連産業…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

独ボッシュ、第5拠点をバギオに開設(16:18)

ミ島鉄道網整備の第1弾、6月に入札開始(19:23)

メーデーにデモ、全国で15万人動員(19:30)

テイクオフ:ダイエット、というとや…(04/26)

ボラカイ島きょうから閉鎖 長年の問題にメス、関係者困惑(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

住友化学、バナナの鮮度保持剤を投入(04/26)

日系の従業員向け消費者ローン、初支店開設(04/26)

25日為替:$1=52.310ペソ(↑)(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン