137カ所に経済区計画、製造業向けが大半

フィリピン経済区庁(PEZA)は、国内137カ所に新たな経済区を設置する計画だ。総面積は約7万500ヘクタールに達する見込み。16日付マニラブレティンなどが伝えた。 PEZAによると、新設予定の経済区は、輸出型製造業向けが74カ所(面積3万9,940ヘクタール)、農業関連産業…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(18:18)

クラーク空港の拡張工事、進捗率は25%(18:20)

マニラ電力、1~9月の電力販売は5%増(17:13)

テイクオフ:マニラの夜道、iPho…(10/17)

トヨタ、グラブと新車購入支援 提携具体化、ASEAN初の試み(10/17)

東芝エネシステムズ、水素発電を比普及へ(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

政府GDP成長目標、6.5~6.9%に下方修正(10/17)

「歳出削減も」財務相が増税先送りをけん制(10/17)

16日為替:$1=53.960ペソ(↑)(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン