• 印刷する

テイクオフ:香港島・アドミラルティ…

香港島・アドミラルティーで開かれた屋外の彫刻展「芸遊維港」。会場はビクトリア湾沿いの公園で、春らしい陽気に吹く海風が心地よい。そして週末のピクニックを兼ねてか、園内は東南アジア出身のメイドで芝生が見えないほどにぎわっていた。

ひときわ目立ったのは芸術家の草間彌生氏による巨大なカボチャのオブジェ。独特の造形と背景の高層ビルの対比がなんとも「インスタ映え」する作品だ。他のも、と周囲を見回すが、人ごみに阻まれて一苦労。いくつかを撮影できたが、フレームにはビニールシートを広げたメイドたちがしっかり写り込んでいた。

柵がないため作品との距離が近く、主役がどちらか分からなくなるが、彼女らは気にせず楽しんでいる様子。銀色に輝くオブジェと芝生での団らん、その向こうに見えるかすんだビル群。ある意味、香港らしい盛りだくさんの1枚を残せた。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン