太陽光発電、対日投資が続く 地場が再生エネで海外市場を開拓

近年増加しているタイ企業による日本の太陽光発電への投資は、2018年以降も続く見通しだ。日本で太陽光発電所を既に稼働しているか近く稼働予定がある地場企業のうち、少なくとも11社が新規案件や建設計画を持っている。また風力などを含めた再生可能エネルギー事業全体でも、海外…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信DTAC、900MHZ電波入札に参加へ(13:33)

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン