首都空港、25年までに取り扱い能力1億人

インドネシアのブディ運輸相は15日、2025年までに首都ジャカルタの空の玄関口、スカルノ・ハッタ国際空港の旅客取り扱い能力を59%増の年間1億人以上に引き上げるとの目標を発表した。現在建設中の第3滑走路と、空港ターミナルへの誘導路の建設現場を視察した際に明らかにした。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ車ディーラー、スマトラ島に6店開設(21:20)

ICT開発指数、前年比0.65ポイント上昇(22:47)

天然ゴム価格の低下、3カ国が近く対策実施(21:27)

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

首都交通、ナンバー規制の延長を政府に提案(12/18)

政府、官民連携のインフラ事業を推進(12/18)

11月の貿易収支、2カ月連続で赤字(12/18)

アチェの経済特区が正式稼働、高速道も着工(12/18)

ロッテ、東南アジア事業に本腰(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン