人材派遣健保が解散検討、最大の48万人協会移行

【共同】全国の派遣社員やその扶養家族約48万6,000人が加入する「人材派遣健康保険組合」(東京)が、本年度いっぱいで解散する方向で検討していることが13日分かった。解散すると、加入者は中小企業向けの協会けんぽに移るが、協会けんぽが発足した2008年以降で最大の移行人数とな…

関連国・地域: 日本
関連業種: 雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

SBベンチャーズ、中古取引社に45億W出資(18:28)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

【アジアの本棚】『China 2020』~20年前の世界が予測していた中国(04/24)

JFE、海外初のR&D拠点 南洋大と廃棄物溶融炉を共同研究(04/24)

日系2社がオフィス開発参画 京阪とサンケイビル、初の比事業(04/24)

いすゞが小型軽量トラック 新興国戦略モデル「トラガ」投入(04/24)

東亞合成、樹脂加工製品の素材工場(04/24)

電子部品加工FCMが事務所(04/24)

デルタマス・シティ開発、新副社長を承認(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン