「水素」世界市場つくれるか、行き詰まり突破へ

【共同】経済産業省は次期エネルギー基本計画で水素の記述を大幅に増やし、一層の推進を打ち出す方針だ。電気に変換できる水素の特性を使い余剰電力を水素として貯蔵、出力が不安定な再生可能エネルギーの補完を狙う。車のほか船の動力源や水素発電の商用化など想定用途も広がって…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

オプトとセプテーニ、子会社の株式譲渡中止(11:41)

NECとサムスン、5G事業で提携(14:47)

テイクオフ:中心部にある独立系映画…(10/24)

日欧がアジア投資で覚書、経済対話初会合(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

デサントが釜山研究所を開設 ランニング靴向け、競争力強化へ(10/24)

NECとサムスン電子、5G基地局で提携(10/24)

三菱UFJ、HCM市で過去最大の商談会(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

豪、政府調達の国際協定加入 世界17兆$市場に参入へ(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン