韓国の仁川港湾公社、ベトナム進出へ

韓国の仁川港湾公社が新興国での市場拡大を目指し、ベトナムの物流市場に進出することを決定した。聯合ニュースが伝えた。 同社は14日、仁川港最大の交易相手国である中国に対する依存度を減らす一方、港湾開発協力事業の優先対象国としてベトナムを選定したと明らかにした。 同…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

河村電器、ドンナイ省に現法設立(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

日本品質保証機構、日本電計と越で合弁(09/21)

ボッシュ、「4.0」人材の養成施設を開所(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

アサヒ衛陶の越販社、不動産各社と大口契約(09/21)

ダイズオン社、セメント工場建設計画に賛否(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

国内2大空港の滑走路、老朽化で修繕必要(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン