韓国の仁川港湾公社、ベトナム進出へ

韓国の仁川港湾公社が新興国での市場拡大を目指し、ベトナムの物流市場に進出することを決定した。聯合ニュースが伝えた。 同社は14日、仁川港最大の交易相手国である中国に対する依存度を減らす一方、港湾開発協力事業の優先対象国としてベトナムを選定したと明らかにした。 同…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ハウス食品、越でカレー事業 「カレー元年」日系各社も続々と(12/10)

ヤマハ、「ノザグランデ」19年モデル発売(12/10)

エアアジア、ハイアウと合弁でベトナム進出(12/10)

HCM市、バス管理にRFIDを試験導入(12/10)

フーロン不動産、ポスコ建設と包括提携(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

韓ハンファ、航空機エンジン部品工場を開設(12/10)

韓国ロック&ロック、越の10大ブランドに(12/10)

スイスのABB、ロボット技術センター開設(12/10)

ラックランド、日系アルミメーカーを傘下に(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン