テイクオフ:どんなに整った顔のフィ…

どんなに整った顔のフィリピン人でも、目線を下にやるとがっかりすることが多い。特に若い男性の、ぽっこりと垂れたおなかが気になって仕方がない。なぜか腕のみを鍛えるのが人気なフィリピン。公園やジムでせっせとダンベルを上げる姿に、そこじゃないだろうと突っ込みたくなる。

当地でのジョギングは、大気の汚さから敬遠されがちだ。原因のひとつが、市民の足でもあるジプニー(フィリピン式乗り合いバス)。乗車すると空気の汚れをより実感する。窓全開の車内には、道路を走るジプニーの排ガスが流れ込み、息苦しさを覚える。来月から、排ガス基準対応のエンジンを搭載した新型ジプニーが首都圏で運行を開始する。公共交通車両の近代化に向けた、政府の早急な対応を切に願うばかりだ。

脂っこい食事も切り離せないこの国。いつかぽっこりでは済まなくなりそうな予感がした。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:常夏のマニラが特に暑い…(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

優遇撤廃に15年の移行期間 税制改革第2弾、貿産省が提案(04/25)

ミ島で2千キロの鉄道実現へ、調査提言(04/25)

首都空港拡張計画、有力7社が再提案を検討(04/25)

ゴジェック、国内配車アプリ市場に参入検討(04/25)

JICA、ダバオ洪水対策の基本計画策定へ(04/25)

1Qの財政赤字2倍も税収拡大で目標達成(04/25)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(313)(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン