テイクオフ:「桜をめでよう。まだ間…

「桜をめでよう。まだ間に合う」とばかり、日本への旅行をタイのテレビで募っている。今月23日から29日の5泊7日。北海道へ飛び、函館や青森の弘前で桜を見て、仙台で買い物や温泉。料金は8万6,000バーツ(約29万6,000円)とそれなりだが、桜前線を調べると、何とか花を楽しめそうだ。

ネットにも、日本への旅行案内があふれる。例えば、名古屋から飛騨高山や白川郷を抜け、富山で立山黒部アルペンルートの雪、長野で松本城などを訪れる中部周遊は、3泊6日で4万4,900バーツだ。

昨年まで北陸に住み、立山など観光地で耳にするタイ語に、インバウンドの隆盛を実感した。それを今、出かける側から見る。タイ人が豊かになり、ビザが緩和され、格安航空会社も普及してツアーは増えた。いいことだ。日本の桜を、大いにめでてほしい。その美しさ、願わくば、はかなさまで。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【スタートアップの挑戦】空港から荷物を当日宅配 手ぶら観光促進、日系と提携も(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

1~6月の二輪販売、1.6%減=陸運局(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

輸送機器パナット、EVトラックの生産検討(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

大型治水プロジェクト9件、来年中に実施(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ネストプロパティー、ホテル開発に参入(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン