テイクオフ:「桜をめでよう。まだ間…

「桜をめでよう。まだ間に合う」とばかり、日本への旅行をタイのテレビで募っている。今月23日から29日の5泊7日。北海道へ飛び、函館や青森の弘前で桜を見て、仙台で買い物や温泉。料金は8万6,000バーツ(約29万6,000円)とそれなりだが、桜前線を調べると、何とか花を楽しめそうだ。

ネットにも、日本への旅行案内があふれる。例えば、名古屋から飛騨高山や白川郷を抜け、富山で立山黒部アルペンルートの雪、長野で松本城などを訪れる中部周遊は、3泊6日で4万4,900バーツだ。

昨年まで北陸に住み、立山など観光地で耳にするタイ語に、インバウンドの隆盛を実感した。それを今、出かける側から見る。タイ人が豊かになり、ビザが緩和され、格安航空会社も普及してツアーは増えた。いいことだ。日本の桜を、大いにめでてほしい。その美しさ、願わくば、はかなさまで。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの高架鉄道(BTS…(04/25)

中国消費取り込むタイ産果物 旅行者に需要、ECで販路拡大も(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

日タイ間のJCM、初クレジットを発行(04/25)

TOTO、タイでウォシュレット生産へ(04/25)

アウディ、認定中古車の販売開始(04/25)

福島の農産物輸出過去最高、震災前を更新(04/25)

宇宙開発機構とエアバス、観測衛星で提携へ(04/25)

タイ80カ所で就労許可証発行、6月まで稼働(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン