続落、リスク懸念高まる=香港株式

16日の香港株式市場は3日続落して終了した。香港金融管理局(HKMA)による相次ぐ為替介入や中東での地政学的リスクの高まりなどを背景に、売りが優勢だった。主力銘柄が安い。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前営業日比492.79ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(19:14)

広告VGI、物流ケリーに23%出資を計画(19:30)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

中小景況感がさらに改善 2Q調査、域外に積極展開の動き(04/24)

3月のCPI上昇率2.6%、0.5P縮小(04/24)

日清とカゴメ、野菜飲料の販売合弁(04/24)

旅行会社が沖縄ツアー中止、はしか流行で(04/24)

メーデーの本土団体ツアー、1日300団体(04/24)

マカオの3月旅行者9%増、2カ月プラスに(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン