続落、リスク懸念高まる=香港株式

16日の香港株式市場は3日続落して終了した。香港金融管理局(HKMA)による相次ぐ為替介入や中東での地政学的リスクの高まりなどを背景に、売りが優勢だった。主力銘柄が安い。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前営業日比492.79ポ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

貿易金融プラットフォーム、8月に運用開始(07/18)

歌礼が来月上場、バイオベンチャー第1号(07/18)

香港物流大手がインドに進出、3都市に倉庫(07/18)

反落、石油・消費銘柄が軟調=香港株式(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン