国発会、自動運転システム計画を策定へ

台湾政府は、自動車の自動運転システムのプラットフォーム構築を策定し、推進する方針を固めた。台湾の国家発展委員会(国発会)が実施主体となり、9,000万台湾元(約3億3,000万円)の予算を計上する。今年中にコアシステムのプラットフォームを作り上げ、2019年には地方自治体で…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

17年交通統計、陸・海・空で軒並み記録更新(04/27)

国巨、「村田製作所へ贈賄」のうわさを全面否定(04/27)

【外国企業の日本戦略】高級不動産の需要まだ根強い 台湾の信義房屋、仲介で存在感(04/27)

シャープが4年ぶり黒字、液晶好調で復配も(04/27)

聯発科技、米シスコから再びASIC受注か(04/27)

晶元光電、10億元投じVCSEL導入(04/27)

元晶、太陽電池モジュール工場を5月量産(04/27)

台湾政府、ラカイン州の農業分野など支援(04/27)

「中国製造2025」支援対象、鴻海系など5社も(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン