• 印刷する

シェブロン、ゴーゴンLNG第2段階開始

米石油大手シェブロンは14日までに、オーストラリア・西オーストラリア(WA)州でオペレーターとして進めるゴーゴン液化天然ガス(LNG)プロジェクトについて、51億豪ドル(約4,250億円)規模の計画第2段階を開始すると発表した。沖合ガス鉱区での新規ガス田7カ所の開発や、同州ピルバラ地区沖のバロー島に設置したガス集積施設とガス田とを結ぶパイプラインの建設などを含む。これにより、LNGの年間生産量1,560万トンの維持が可能となる。地元各紙が伝えた。

新規ガス田の掘削は来年に始まり、計画第2段階の完了まで約4年かかる見込み。総額690億豪ドルの同プロジェクトは、2016年より生産を開始し、日本などに向けてこれまでのべ250隻分のLNGが出荷されている。オーストラリア国内へのガス供給量は現在200テラジュールと、WA州の需要の約5分の1で、今回の計画で300テラジュールに増加させる予定。

ゴーゴンLNGプロジェクトの権益のうち、シェブロンが47.3%を保有し、米エクソンモービルが25%だ。そのほかの権益比率は、◆英蘭系シェル:25%◆大阪ガス:1.25%◆東京ガス:1%◆東京電力と中部電力の合弁会社JERA:0.417%――となっている。


関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン