母国離れ治療へ、アフガンの子ら「頑張る」

【カブール共同=安井浩美】紛争や貧困で苦しむ国の子供たちに1987年から治療とリハビリの場を提供するドイツ西部オーバーハウゼンの非政府組織(NGO)「ドイツ国際平和村」に2月、アフガニスタンから98人が旅立った。昨年は大型テロの影響でビザが発給できず受け入れを断念し…

関連国・地域: インド
関連業種: 医療・薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年度(2017年4月…(04/26)

3人制プロバスケリーグ発足 スポンサー収入、目標1000億円(04/26)

日本カーバイド、インド工場を減損処理(04/26)

MGがEV投入視野、西部でテスト走行(04/26)

ピレリ、西部初の総合ショールームを開設(04/26)

中古車シュリラム、昨年の取引300億ルピー(04/26)

家電クロンプトン、高級扇風機に期待大(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

通信エアテル、価格競争激化で7割減益(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン