不動産の緑地、上海にAI研究拠点

中国不動産開発大手の緑地控股集団(上海市、緑地集団)は13日、上海市に人工知能(AI)の研究拠点を設立した。AI事業への参入を進めていくもようだ。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 研究拠点の名称は上海智能産業イノベーション研究院で、面積は1万5,000平方メートル。…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: IT・通信医療・薬品化学・石化建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

統一超商、中国浙江子会社に26億円増資(19:11)

レアアース採掘量、当面は昨年の7割に抑制(17:20)

南部カンポットに港湾整備 地場財閥と中国、雇用創出1500人(04/26)

テイクオフ:まだ気温の上下が激しい…(04/26)

日系各社のNEVシフト鮮明 北京モーターショー、初公開車続々(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

徐工道路機械がシェア50%、道路敷設増加で(04/26)

QDII限度枠、3年ぶりに80億ドル超拡大(04/26)

MG車の販売好調、通年で3万台予測(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン