不動産の緑地、上海にAI研究拠点

中国不動産開発大手の緑地控股集団(上海市、緑地集団)は13日、上海市に人工知能(AI)の研究拠点を設立した。AI事業への参入を進めていくもようだ。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。 研究拠点の名称は上海智能産業イノベーション研究院で、面積は1万5,000平方メートル。…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 医療・医薬品化学建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

星野リゾートが香港でPR 「重要な市場」、外国人利用増へ(10/18)

テイクオフ:知人の鉄道マニアと中国…(10/18)

海南自貿区の基本計画を発表 習主席肝いり、自由貿易港へ布石(10/18)

緯創が中国EV向け部品拡大、蔚来の出荷増で(10/18)

港珠澳大橋、23日に開通式典=香港報道(10/18)

企業分類の制度を緩和、増値税輸出還付(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

中国企業の海外投資、1~9月は5.1%増(10/18)

直接投資の受け入れ、上半期は中国が世界一(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン