〔オセアニア林業ウォッチ〕VIC林業、絶滅危惧種の生息区域を伐採

オーストラリアのビクトリア(VIC)州が運営する林業企業、ビックフォレスツ(VicForests)が、国が指定する絶滅危惧種のモモンガ、グレーター・グライダーの主要な生息地、ストラスボーギー(Strathbogie)で伐採を続けていることに対して、各方面から批判が寄せられている…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 農林・水産電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1Q豪CPI1.9%上昇、市場予測下回る(18:29)

関電、豪企と消費者間電力取引実験を開始(18:29)

日本の官民コンソ、豪水道企を中国企へ売却(18:29)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(313)(04/25)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

テイクオフ:現金を引き出しに現金自…(04/24)

農業開放なしならFTAない 豪首相、EUに対し強硬姿勢(04/24)

小企業の輸出業、取組みは不十分=豪郵便局(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン