HKMAが連日の為替介入 3日間で96億HK$買い入れ

香港金融管理局(HKMA)は12日から14日にかけて、香港ドル買い・米ドル売りの為替介入を4回行った。米ドルとのペッグ制(1米ドル=7.75~7.85HKドルの許容変動幅での連動相場制)の下限を維持するのが目的。香港ドルの買い入れ規模は総額96億6,400万HKドル(約1,320億円)に…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(00:02)

小米株、クアルコムなど7社が5億ドル引受(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン