広州の土地供給計画、今年は19.4平方キロ

広州市国土資源規画委員会はこのほど、2018年の土地供給量を19.39平方キロメートルとする計画を発表した。13日付南方都市報などが伝えた。 住宅用地は前年比約9%増の6.25平方キロで、全体の32%を占める見通し。このうち分譲用に開発された商品住宅向けは4.77平方キロ、低所得者…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

日本の官民コンソ、豪水道企を中国企へ売却(18:29)

中国工場の装置発注へ、LGディスプレー(17:28)

QDII限度枠、3年ぶりに80億ドル超拡大(22:47)

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

テイクオフ:上海市楊浦区の上海市肺…(04/25)

中国消費取り込むタイ産果物 旅行者に需要、ECで販路拡大も(04/25)

【パキスタン】存在感高める中国 第2回 過剰債務に懸念、日本不在響く(04/25)

HKEXが新上場ルール導入 バイオ企業9社がIPO意向(04/25)

米の制裁は客観事実を無視 知財局が批判、外資保護強調(04/25)

TPK、欧菲光との相互出資計画を撤回(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン