小幅続落、当局の為替介入が圧力=香港株式

13日の香港株式市場は小幅に続落して終了した。シリア情勢の懸念後退から米国市場が好調だったことを受けて、ハンセン指数は朝方、上げて始まったものの、香港金融管理局(HKMA)が香港ドル買い・米ドル売りの為替介入を実施したことで、資金流出の懸念から次第に売り優勢とな…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

「金利の大幅変動ない」、HKMA総裁(19:41)

テイクオフ:世界一家賃が高い香港で…(04/25)

HKEXが新上場ルール導入 バイオ企業9社がIPO意向(04/25)

香港ドル、今後1カ月は下限届かず=DBS(04/25)

反発、本土銀行銘柄に買い=香港株式(04/25)

大橋経由の越境バス、1日700便運行か(04/25)

港珠澳大橋の運営でAI応用を、科技協会(04/25)

東方海外、海運最適化にAI=MSと研究(04/25)

広州・珠海軌道交通の横琴延伸、今年開通へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン