小幅続落、当局の為替介入が圧力=香港株式

13日の香港株式市場は小幅に続落して終了した。シリア情勢の懸念後退から米国市場が好調だったことを受けて、ハンセン指数は朝方、上げて始まったものの、香港金融管理局(HKMA)が香港ドル買い・米ドル売りの為替介入を実施したことで、資金流出の懸念から次第に売り優勢とな…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

5月の空港統計、旅客はプラス維持(14:54)

企業の旺盛な増員意欲続く 18年3Q調査、金融が顕著(06/19)

マカオに新ホテル開業、メルコ(06/19)

今年は台湾の海を楽しんで、観光見本市(06/19)

観光局、ボルドーとワイン・食の観光で覚書(06/19)

港澳一号、マカオへの運賃は170ドルから(06/19)

5月のコンテナ取扱量、4カ月連続マイナス(06/19)

フレックスポート、深センに倉庫開設(06/19)

二段階認証不要のネット送金、上限を緩和(06/19)

続落、主力銘柄がさえず=香港株式(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン